J0001♂が解放されました。

4月24日の夕刻に、植物のツルに絡まり怪我をして

コウノトリの郷公園されていたJ0001が、本日の9時42分に解放されました。

当会へ連絡をいただいたのは、解放後でしたので

解放されたときの状況は分かりませんが

その後の観察で、お昼前にはJ0362と出会い

巣塔下のビオトープに移動したとのことです。

12時20分までの観察では、7~8メートルは飛ぶことができるようですが

巣には戻れていないようです。

13時35分、J0362は帰巣。J0001はビオトープで休息。

13時54分、J0001は巣塔西の田んぼに移動。まだ十分には飛べないようです。

14時40分にJ0362がビオトープに降りていると、J0001がJ0362の傍に来て、

一緒に採餌行動を始めそました。

抱卵中の卵は孵化することなく、育ちませんでしたが

J0001の異常を見つけ連絡をくださった方のおかげと

コウノトリの郷公園で治療していただいた結果、

1羽のコウノトリの命が助かりました。

J0362もさぞかし、心配していたことと思われます。

野上ペア、J0001もJ0362も頑張りました。

J0001は翼を傷めています。観察をされる際は脅かさないようにお願いいたします。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Search By Tags