J0001♂は帰巣することができるようになりました。

5月7日(木曜日)10時すぎにJ0001が巣塔下の畦から飛び立ち

帰巣するのを確認しました。

まだ、羽がきちんとたためない状態ですが

とりあえず、帰巣することができて一安心です。

8日は3回巣に降りるのが確認されています。

一日一日、回復していっているようで嬉しいです。

J0001の異常を見つけ、教えてくださった方と

コウノトリの郷公園での治療のおかげで一羽のコウノトリの命が助かりました。

豊岡市コウノトリ共生課と当会が、

一羽で抱卵中のJ0362♀への給餌を行いましたが

巣塔周辺にいつも飛来している2羽の襲撃に抱卵を諦めてしまいました。

残念な結果となりましたが、行政とNPOの協力の体制が整い

今後起こりうる事例にも、生かせる

の鳥

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

記事、写真、画像などの無断使用を禁じます。Copyright©2016 NPO Oriental White Stork Society of Japan All Rights Reserved. 

Get social with us!
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
事務局(問い合わせ先)

 

〒669-6103豊岡市城崎町今津1362 

ハチゴロウの戸島湿地内

​Tell: 0796-20-8560

Fax: 0796-20-6302

Email : toshima8560(at)iris.eonet.ne.jp

     ※(at)を@に変更してください。